やり過ぎないエイジングケアが大切

近頃、筋トレがブームなんでしょうか。ジムの有名インストラクターの方がテレビや雑誌に出てたりしますよね。痩せて細いだけじゃダメだってみんな気付いたんでしょうね。ただ細いだけのモデルさんより、適度に運動して筋肉がついてるモデルさんのほうが、同じ細さでも見た目の綺麗さが全然違いますからね。腹筋が割れるまでいかなくてもいいですが、ある程度は運動はした方がいいかもしれないと思います。運動したり筋肉をつけるには、ごはんも食べないといけませんし、体重を減らすためにご飯を抜くといった安易なダイエットが減るかもしれませんね。常に食べ物のことを考えてげっそりした痩せ方の人は、本人は満足かもしれませんが、周りからは美しくみられていないことも多いですからね。

 

やり過ぎないエイジングケア

 

美しくなりたいと思う気持ちは同じでも、エイジングケアもやり過ぎは周りから引かれかねません。間違った若さを作っていないか、冷静に自分を見つめることが大切ですよね。若くみえると思っているメイク、髪形、服装、それって本当に正しいんでしょうか。おばさんくさくなりたくない、というのは分かりますが、時代を引きずっていないか、若者に寄り過ぎていないか、大人の落ち着きがあるか考えてみるといいかもしれません。